日本は非常事態を9月12日に延長し、さらに7つの都道府県を追加-ニュース


Kyoto, Hyogo, Fukuoka, Tochigi, Ibaraki, Gunma, Shizuoka added to state of emergency


日本政府は水曜日に 拡張する 新しいコロナウイルス病のデルタ変異体(COVID-19)に対応して、8月31日から9月12日まで、日本の6つの県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、沖縄)で非常事態宣言が発令されました。 政府はまた、金曜日の非常事態宣言に、京都、兵庫、福岡、栃木、茨城、群馬、静岡の7つの都道府県を追加する予定です。 これらの都道府県は、8月31日まで、すでに非常事態宣言でより焦点を絞ったアンチウイルス対策を実施していた。金曜日には、非常事態宣言を集中的に実施する都道府県の数が6から16に増える。

菅義偉首相は、緊急対策を実施するための「医療制度の改善、感染の防止、予防接種の実施」という3つの柱を挙げました。 彼はまた、通勤者の足跡を70%削減するなど、人々の流れを大幅に減らすよう求めました。 被災地の当局者はまた、レストランやバーにアルコールの提供をやめ、ショッピングモールやイベントでより厳しい制限を課すように促します。 政府は酸素ステーションのような施設を準備し、抗体カクテル治療に使用される2つの薬を特定の病院に提供します。



スポンサーリンク


日本は金曜日に初めて、毎日合計20,000件を超える新しいCOVID-19症例を報告しました。 国は水曜日に23,917の新しい症例を報告した。 東京は日曜日に5386の新しいCOVID-19症例を報告しました。

日本の保健省によると、全国の重症患者数は火曜日の時点で1,600人を超えており、5日連続で過去最高を記録している。

毎日 新聞は月曜日に東京パラリンピック2020ゲームの主催者がすべての会場ですべての国内観客を禁止することを決定したと報じました。

東京オリンピックは当初2020年7月24日から8月9日まで予定されていましたが、その後8月25日から9月6日までパラリンピックが予定されていました。 遅延 COVID-19パンデミックによるもの、そして 再スケジュール それぞれ2021年7月23日から8月8日までと2021年8月24日から9月5日まで。

ソース: NHKワールド




引用元サイト

アニメカテゴリの最新記事